読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Minecraftとタートルと僕

PCゲームMinecraftのMOD「ComputerCraft」の情報を集めたニッチなブログです。

Minecraft×Education2015@早稲田大学で発表しました

Minecraft 雑記 イベント

はじめに

8月8日、9日に「Minecraft×Education2015」というイベントが早稲田大学であり、 セミナー講師として参加してきました。

Minecraft×Education2015 | ~こどもとおとなのためのMinecraft~

当初は、「赤石先生も来るのか・・・。生赤石先生・・・。よし行こう」と不純な動機でした(半分うそ)。

しかし、このイベント中に行われているCCプログラミング教室にとても興味を惹かれたこと、そして何より、一般の方にCCを紹介できる機会を作っていただいたことがうれしく、 TENTOさんのお誘いの言葉に、喜んで参加しました。

セミナーの内容

二日目に1時間のお時間をいただいて発表した資料がこちら。

受講者にお子様連れの親御さんもいらっしゃる中、濃厚な内容でドン引きした可能性もありますが、 「面白かった」「興味が出てきた」とのお言葉もいただけましたので、 個人的には大満足のとても貴重な体験でした。

主催の、TENTOさん、早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所さん、フジテレビKIDSさん およびイベントに携わった関係者の皆様に深く感謝の言葉を申し上げます。 ありがとうございました。

イベント全体の感想

まずお子様連れのお客さんが非常に多いイベントでした。 子どもが喜んでマイクラのところに走り出し、親が苦笑しながら着いて行く。 そんな風景がいろいろなところで見受けられました。

少しだけイベントを紹介。

  • 教育関係者と赤石先生がマイクラについて語る公開シンポジウム(Tフリップフロップについて語る小学3年生すごい)
  • マイクラを使った語学実践講座(参加したかった・・・)
  • ぬどんさんのコマンドブロック講座(とても参加したかった・・・)
  • 赤石先生のRedStone講座(見学しました。さすが赤石先生の解説はわかりやすい)
  • タートルプログラミング講座(少しだけお手伝いしました。教えるのは大変ですが小学校低学年でも問題なくプログラミングできることに感動)
  • マイクラプログラミング教育の実践報告(面白い実践報告に興味しんしん。あまりに面白かったので、イベント終了後に、発表された那須塩原クリエイティブ・ラボ(blog)の星野さんにいろいろ面白いお話を聞かせていただきました)
  • マイクラ大好きな高校生による「子ども」視点からの発表(発表前に少しだけお話をしました。楽しそうにマイクラを語る二人が印象的でした)
  • そして僕のComputerCraft講座

そのほかにもたくさんのワークショップ・シンポジウム・講座があり、時間の関係で見逃てしまったことが僕にとって一番の心残りでした。

このイベントはマイクラと教育について考えるというテーマでしたが、実はイベントの主役は親世代ではなく、 実際に会場で遊んでいる子どもたちだったかもしれません。

教育の効果が・・・と僕が浅はかに語る言説よりも、 目を輝かせた子どもたちが一生懸命にマイクラで建築し、レッドストーン回路を組み立て、プログラミングするその姿こそが、 抜群の説得力をもってマイクラの教育効果を表しているでしょう。

とても素晴らしいイベントでした。 来年もまたぜひ参加したいと思います。

補足

赤石先生にお会いできて、ご挨拶もできましたよ! やったね!

「Minecraft × Education 2015」イベントに参加します

ComputerCraft Minecraft

イベントに参加します

早稲田大学で2015年8月8-9日に開催される 「Minecraft × Education 2015 〜こどもとおとなのためのMinecraft〜」 というイベントにセミナー講師として参加することになりました。

Minecraft×Education2015 | ~こどもとおとなのためのMinecraft~

Minecraftと教育について興味のある方はぜひご参加ください。 もちろん、Minecraft(あるいはComputerCraft)大好きというだけでも楽しめるイベントだと思います。

私は「ComputerCraftのすすめ」という題名でComputerCraftの紹介と教育への利用について講演する予定です。

セミナー | Minecraft×Education2015

私のセミナーは9日の午後、参加費は無料です。 Webからの申し込みは締め切りましたが、当日申し込みも可能なようなのでお時間のある方はぜひどうぞ。

f:id:hevohevo:20150808074626p:plain:w400

f:id:hevohevo:20150808074641p:plain:w400

それでは、参加される方。会場でお会いしましょう。

ニトリのコードを見てニヨニヨする会(そして最後にニヨニヨできなくなった話)

雑記 情報リンク集

改題のお知らせ(2015.06.24 8:00)

内容と題名を合わせる為に、題名に()内の追記を入れました。 最後まで読んでいただければ幸いです。

このお話は、プログラマあるあるを探す(ニヨニヨする)ためにHTMLソースコードを読み始めた筆者が、 発見し、調べていくうちに、その背景にある事情を慮り、だんだん笑えなくなってくる流れをご紹介しています。

はじめに

ニトリのECサイトであるニトリネットがリニューアルに失敗して6日も経ってから復旧したということで、 (一部の)プログラマクラスタで話題になっています。

僕の率直な感想は次のようなもの。

閉鎖状態の「ニトリネット」が6/23にサイト運営を再開、不具合の主因はCPU不足 | ネットショップ担当者フォーラム

ともあれ関係者の皆さまお疲れ様でした。個人の責任問題などと短絡化することなく、粛々と原因解明と、できればぜひ知見の共有公開をお願いしたい。

2015/06/23 13:40

プレスリリースでは、原因としてCPU不足を挙げています。

珍しい原因ですよね。あまり聞いたこと無いのでぜひその知見を知りたいものです。

しかし次のようなつぶやきが

こんなツイートをみたら興味がわくじゃないですか! 

サイトトップページの(HTML)ソースコードを読んでみました。

プログラマあるある探しをする

流し読みなので適当なこともつぶやいていますが、当初はこんな感じ。

コメント行にニヨニヨ

authentication という単語は長すぎるのでこんなコメントはあるあるネタですよね。

/*NINSHO*/

/*PANKUZU(¥取る)*/

ネーミングセンスにニヨニヨ

ふと、気になる箇所が目に付く

  • なぜか数百行の空改行が何箇所もある。全部削れば1000行くらい圧縮できそう
  • 謎の空<li>が大量に(下図参照)

f:id:hevohevo:20150624003043p:plain:w400

コードを少し読み込んでみると、どうやらトップページにあるプルダウンメニュー(下図参照)のコードらしい。

本来は、このメニュー項目のサブ項目が設定してあったようです。

たとえば、下の図のプルダウンメニュー「ベッド」にマウスポインタを合わせると、その下位カテゴリのメニューが右にポップアップしてという動きでしょうか。たぶん。

でも、なぜかその項目文字列だけ削除されており、タグだけが残ったままです。

f:id:hevohevo:20150624003246p:plain:w400

もしかして各項目のサブ項目の要件定義が間に合わずに空欄にしてあるのかなと思ったのですが、このプルダウンメニューをクリックして飛んだページにはそれらサブ項目らしきものが見つかるわけで。

もう一つ気になる箇所

つまり、HTMLのBODYのど真ん中にCSSインクルードしているのです。しかも、h1やpなどの基本的なタグのスタイルを全てリセットするreset.cssなるものを。

CSSはHEADにというのが原則だと思っていたので不思議に思い、尋ねてみました。

たまたま上記ツイートを読んでくださった方から、次のようなコメントがいただけました。

また、次のようなコメントも。

そのようなやり方があるのですね。大規模サイトを構築したことがないので勉強になります。

最後はしみじみ

おそらく、コードを突貫工事で全面的に書き直したために、空白行などが含まれる荒さの目立つコードが出てきてしまったのだろうなと予想しています。

しばらくしたら、綺麗に整理されてこのような荒い部分はなくなるだろうなとも。

中の人、本当にお疲れ様です。

最初はニヨニヨと言いつつ、最後は自分に当てはめて落ち込みたくなりました。

ニヨニヨなんてできないよ・・・。

補足1

補足2(2015.06.24 1:50)

改めて読み直してみると、たしかにこの記事、茶化しすぎな気もしますね。

あまりに不快に思われる方が多いようでしたら削除しましょうか。

この件について、感想などコメントをください。

補足3(2015.06.25 01:15)

一時は記事そのものを削除することも考えましたが、 ふざけて書いた補足1の文章を削り、本文中の明らかに茶化すような表現を修正することで記事自体は残すことにします。

タイトルにある「ニヨニヨ」という言葉も大変不評なので削るべきかとは思いますが、すでにこれだけの方が読んでいる記事でタイトルを大幅に改編することは混乱を招くと思い、軽率な私自身への自戒の意味も込めて現在のままにしておきます。