読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Minecraftとタートルと僕

PCゲームMinecraftのMOD「ComputerCraft」の情報を集めたニッチなブログです。

環境構築(4)-pastebinコマンドでCC用Luaプログラムをインストール

チュートリアル Lua ComputerCraft Minecraft

最近、マニアックな方向に走りすぎている気がしてきたので、
初心に戻って初心者向けチュートリアルを強化。

はじめに

ネット上で公開されているComputerCraft用のLuaプログラムを、手軽にインストールする方法を紹介します。

今回は、一度事前準備さえしておけば、あとは条件さえそろえばコマンド一発でインストールできる方法です。

具体的には次のようなコマンド(プログラム)を使います。

pastebin コマンドを使ったプログラムインストール

事前準備

ComputerCraftの設定ファイルを書き換えて、
ComputerCraftがインターネットへアクセスできるようにしなくてはなりません。

設定ファイルの書き換え

GameDirectoryの「config」フォルダ内にある「ComputerCraft.cfg」をメモ帳などで書き換えます。
以下の項目を「false」から「true」に書き換えてください。

B:enableAPI_http=true

pastebin の機能概要

「pastebin」というサイトの説明
  • pastebin(http://pastebin.com/)というソースコード投稿サイトがあります。
    • このサイトには誰でも自由にプログラムのソースコードを投稿可能。
    • このサイトに投稿されたコードは自動的に識別ID(Paste ID)が割り振られます。
    • このIDさえ知っていればそのコードを誰でもダウンロード可能。
    • たとえば「VS1iycLn」というIDならば http://pastebin.com/VS1iycLn でそのソースコードを見ることができる。
      • 上記プログラムは、画面に文字を表示して、そのまま終了するシンプルなプログラム。
「pastebin」プログラムの説明
  • ComputerCraftに、あらかじめ「pastebin」というプログラムが用意されている。
  • Paste IDを利用して以下の3つの機能が利用できる
    • (1)ソースコードのダウンロード&保存
    • (2)ソースコードのダウンロード&実行
    • (3)手元のソースコードのアップロード
  • 一番良く使うのは、(1)ソースコードのダウンロード・保存
pastebinプログラムを使ったダウンロード&保存
  • CCコンピュータあるいはタートルを右クリックして出てくるターミナル画面で次のプログラム(コマンド)を実行。
  • pastebin get <PasteID> <保存ファイル名>
    • <PasteID> <保存ファイル名>は、それぞれの場合で置き換える。
    • それぞれの間はスペースを空けて入力。入力できたらエンターキーでプログラム実行
  • PasteID「VS1iycLn」のファイルを、そのコンピュータのルートディレクトリ(現在の場所)に、「test」という名前で保存
    • f:id:hevohevo:20140120015050p:plain:w400
  • 実行した結果、保存完了のメッセージが表示された
    • f:id:hevohevo:20140120015054p:plain:w400
  • 保存した「test」プログラムを実行(画面に文字が表示された)
    • f:id:hevohevo:20140120015828p:plain:w400

おわりに

pastebinコマンドはとても強力で便利なプログラムです。
http://pastebin.com/」にアップされたプログラムなら、コマンド一発でインストールできます。
プログラムが「http://pastebin.com/」以外のサイトで公開されていたとしても、自分でpastebinサイトにアップすればpastebinコマンドを使ってインストールできます。

またマルチプレイヤー環境では、サーバー側のデータに直接アクセスできないため、プログラムのインストールはpastebinコマンドに頼ることが多くなるかもしれません。