読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Minecraftとタートルと僕

PCゲームMinecraftのMOD「ComputerCraft」の情報を集めたニッチなブログです。

『はてなブログ開発チームの皆様へ』 不具合修正のお願いとご提案

情報リンク集

はじめに

はてなブログ開発チームのみなさま、

私、はてなブログサービスを利用しております、hevohevoと申します。
はてなブログの機能にはおおむね満足しており、少しでも貴社へ恩返しできればと、
今年に入ってからはなてブログ(Pro)へと移行いたしました。
今後も継続して利用させていただくつもりです。今後ともよろしくお願い申し上げます。


さて、今回この文章を書いたのは、はてなブログに明らかな不具合を発見したためです。
加えて、それに関連していくつかの機能要望とご提案があります。

はてなブログ - お問い合わせ - はてな
を使って問い合わせることも考えましたが、「お急ぎ」でも「脆弱性」でもないのでこのような形をとりました。ご了承ください。

それでは以下、具体的に述べます。

「次/前」というページャー表示と実際の挙動が混乱しているという不具合

挙動の説明

個人ブログ「トップページ」の末尾にあるページャーについて

f:id:hevohevo:20140127070238p:plain:w300(ここでは、次=>過去

「次のページへ」リンクをクリックすると、過去のページへ飛びます。
その飛んだ先でも「次のページへ」リンクをクリックすると過去のページへ飛びます。

個人ブログの「個別記事ページ」の末尾にあるページャーについて

f:id:hevohevo:20140127070353p:plain:w300(ここでは、次=>新しい
「次の記事へ」をクリックすると新しい記事へ飛びます。「前の記事へ」は過去の記事に飛びます。

つまり「次」が指すものが、「新しい」なのか「過去の」なのか明らかに混乱しています。

改善案

これらをどちらかの表記に統一するか、
あるいは「次/前」ではなく「新しい/過去の」のようなわかりやすい表記に変えるか、
またあるいはユーザーがリンクのラベルをカスタマイズできるようにするか、
どのような形でもかまいません。適切な修正をしてください。
(私のサイトでは、こちらの記事にあるようにJavascriptで無理やり表示を書き換えています)

ページャーについて、機能追加の要望

初めて訪れたサイトで過去の記事をたどって読むことは、サイトの価値を判断する上で自然な流れです。
それにもかかわらず、過去の記事をたどるのに使うページャーが貧弱なことは、はてなブログの弱点の一つだと思います。

機能追加要望1

f:id:hevohevo:20140127070238p:plain:w300(「前のページへ」リンクがない
個人ブログトップページの末尾にあるページャーについて、
「次のページへ」リンクで過去のページに飛んだ後、そのページから「前のページへ」戻るリンクがありません。
過去のページに飛んだ後に、そこから直前のページに戻るにはブラウザのバックボタンを使うということでしょうか?
過去のページから新しいページへ飛ぶリンクを追加してください。
「次のページへ」と「前のページへ」のリンクはセットで用意してください。

機能追加要望2

そもそもの話ですが、ページャー機能を根本的に改善していただないでしょうか。
たとえば、記事の数が増えてくると、「次へ」「前へ」だけで1ページずつページを辿るのは大変なことです。
「次へ」「前へ」だけではなく、「1、2、3、4、・・・・、10」のようなページ番号を表示することも重要でしょう。
つまり、一般的なページャー機能を実装してください。

またもちろん、ページャーの表示内容が多すぎることを嫌うユーザーもいるでしょうから、設定で表示をON/OFFできることが望ましいと思います。

加えて、ご提案

f:id:hevohevo:20140127070512p:plain
はてな界隈の話題で、はてなブログ(無料)と(Pro)の機能的な差分がほとんどなく、有料版への移行メリットがほとんどないという愚痴めいたものをよく見かけます。
そこで提案なのですが、実装の負荷が高い新機能をProユーザーだけに「テスト機能」として仮提供し、評価していただくのはいかがでしょうか。

開発チームには、新しい機能を追加して欲しいという要望が日々多くの方から寄せられていると思います。その中には、実装したときに、データベースやサーバー自体にどの程度の影響がでるか予測しづらい機能があるのではないでしょうか。

そのような機能を、現状それほど多くないであろうProユーザーに仮提供して、評価していただくわけです。
そしてProユーザーによる評価と、実装の負荷のトレードオフを考え、最終的にそれを無料ユーザーに提供するかどうか検討するという流れを作るのです。

つまり例えるならば、Proユーザーをネットゲームのクローズドテスターのように位置づけるわけです。
「テスト機能」の動作保証はしません。しかも提供後に問題が判明したら提供を止める可能性もあります。しかし、Proユーザーは、はてなブログの最新の機能をお試しで使うことができます。
そして使ったら、感想や不具合等をお聞かせください。
開発チームは、それらの声を参考にしつつ最終的に全ユーザーに機能を提供するかどうかを決定します。
・・・・・・などのように。


宣伝文句、投げかけるキャッチコピーはこうですね。
「Proユーザーになって、はてなブログの開発に参加しよう!」

  • 最新の「テスト機能」が利用できます(※ただしこの機能による不具合の保証はいたしません。問題が判明した機能は提供を取りやめる場合があります)
  • テスト機能を使ったらぜひその感想をお聞かせください(※開発の参考にいたします)

仮にこれが実現したら、はてな界隈で次のような題名の記事がたくさんでるでしょうね。
「はてなが有料テスターを募集している件について」

良いじゃないですか。これくらい思いきったことをやらないと有料会員なんて増えませんよ。

おわりに

以上、ページャーの不具合修正と機能追加の要望、ご提案をいたしました。
不具合につきましては速やかに修正いただけると幸いです。

また機能追加の要望やご提案につきましては、今後のバージョンアップ時に、検討課題の一つとして取り上げていただけるとありがたく思います。

以上、ご検討のほどよろしくお願い申し上げます。